素材の壺

HTMLからXHTMLへ移行する際の注意点

HTMLからXHTMLへ移行する際の注意点

【概要】
HTMLからXHTMLへ移行する際の注意点。


XHTMLとはHTML4をXMLを応用して再形式化したもので、文書構造と視覚表現の分離がばされています。
主な注意点は以下の通りです。


【空要素タグ】
<img src="">や<br>など単体で完結するタグは「 />」で閉じます。
[例]
<img src="">→<img src="" />、<br>→<br />
(「/」の前に半角スペースを入れるようにしましょう)


【属性名】
HTMLでは属性の名前と値が同じ場合、属性名を記述せずに
<input type="radio" name="test" checked>
と記述していましたが、XHTMLでは
<input type="radio" name="test" checked="checked" />
と記述します。


【引用符】
属性の値は必ず引用符で囲むようにしましょう。
[例]
class=test→class="test"


【終了タグ】
終了タグを省略してはいけません。
[例]
HTMLの場合
<ul>
 <li>リスト
</ul>
上記のような記述でも大丈夫でしたが、XHTMLの場合
<ul>
 <li>リスト</li>
</ul>
のように、終了タグを加えなければいけません。


【画像ファイル】
altタグは必ず記述するようにしましょう。


【属性名】
小文字で記述するようにしましょう。

コメントする

名前
電子メール
URL
コメント
サイト内検索
TOP利用規約リンクについてお問い合わせ│相互リンク[ 素材1 ][ 素材2 ][ 素材3 ][ HP制作 ]│
無料アフィリエイトツール「アフィーノ」