2018年5月7日

ワードプレスで使える条件分岐いろいろ

ワードプレスでテーマをカスタマイズする際によく使う「特定のページのみに表示させる」ための条件分岐をまとめてみました。

基本~種類別の条件分岐

トップページのみ、固定ページのみ、記事ページのみといった種類別の条件分岐はこのように記述します。

<?php if (is_home() && is_front_page()) : ?>
トップページのみに表示
<?php endif; ?>

<?php if (is_page()) : ?>
固定ページのみに表示
<?php endif; ?>

<?php if (is_single()) : ?>
記事ページのみに表示
<?php endif; ?>

<?php if (is_archive()) : ?>
アーカイブページのみに表示
<?php endif; ?>

<?php if (is_category()) : ?>
カテゴリページのみに表示
<?php endif; ?>

応用~指定したページのみの条件分岐

ページIDや特定のスラッグ等で出し分けたい場合の条件分岐はこのように記述します。

<?php if (is_page('8')) : ?>
ページIDが8の場合のみに表示
<?php endif; ?>

<?php if (is_single('slug-name')) : ?>
スラッグ名がslug-nameのページのみに表示
<?php endif; ?>

応用~アイキャッチ画像が登録されている場合のみの条件分岐

アイキャッチ画像が登録されていれば表示、登録されていなければNoImage、といった場合の条件分岐はこのように記述します。

<?php if (has_post_thumbnail()) : ?>
<?php the_post_thumbnail(); ?>
<?php else: ?>
登録されていない場合にNoImage画像を表示させる場合はこちらに記述
<?php endif; ?>

以上、ワードプレスでテーマをカスタマイズする際によく使う「特定のページのみに表示させる」ための条件分岐でした。

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です