2019年11月8日

WordPressで常時SSL化を設定するプラグイン「Really Simple SSL」の反映手順

2018年7月頃、GoogleChromeにおいてhttpのサイト(=SSL対応されていないサイト)の表示時に「保護されていません」という警告が表示されるようになりました。それに伴い常時SSLとすることが当然という流れになってきており、新しく制作するサイトはSSL化されている事が多くなりましたが、昔から運営されているサイトはSSL未対応である事もしばしば。

今回はWordpressのサイトで且つ常時SSLの設定を反映するためのプラグイン「Really Simple SSL」のご紹介です。

常時SSL化の前提条件

まず事前準備として、最低限以下の準備が出来ていることが前提となります。

  • SSLの設定が済んでいる=https://でアクセスしてサイトが表示される状態であること
  • WordPressの管理画面「設定->一般->WordPressアドレス(URL)、サイトアドレス(URL)」がそれぞれhttps://から始まるようになっていること
  • https://から始まるURLでWordpressの管理画面にログインすること

「Really Simple SSL」の反映までの手順

「Really Simple SSL」の反映は3ステップでとても簡単です。

プラグインのインストール
まずは「プラグイン->新規追加」で「Really Simple SSL」と検索して、インストールしましょう。

プラグインの有効化
インストールが完了すると、そのまま「有効化」というボタンが表示されるので、クリックしてプラグインを有効化します。

プラグインの実行
有効化すると以下のような画面になるので、ボタンをクリックして反映完了です。

「Really Simple SSL」の反映確認

試しにhttp://から始まるURLでサイトにアクセスしてみましょう。https://にリダイレクトされていれば問題なく反映されていることになります。

以上、Wordpressで常時SSL化を設定するプラグイン「Really Simple SSL」の反映手順でした。

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です