2018年1月12日

年月日や曜日を取得して処理するjavascript

プログラムに触れれば必ず通る「年月日の取得」。コピーライトに表示させる年数を自動表示させるといった時に活躍するこのスクリプト、コピペ用としてお使い下さい。

javascript

var date = new Date(); 

var year = date.getFullYear();
var month = date.getMonth()+1;
var week = date.getDay();
var day = date.getDate();

var week_ja= new Array("日","月","火","水","木","金","土");

出力する時はこのように書きます。この書き方で「id=”text”」に年月日と曜日が表示されます。

window.onload = function() {
document.getElementById("text").innerHTML = year+"年"+month+"月"+day+"日("+week_ja[week]+")";
}

応用 – バナーの出し分け

以下のようにする事で、特定の日にのみバナーやテキスト等を表示させることが出来ます。

if (day == 10 || day == 20 || day == 30) {
	document.getElementById("text").innerHTML = "テキストが表示されます";
}else{
	document.getElementById("text").innerHTML = "テキストが表示されません";
}

応用 – リアルタイムで時間と年月日を表示

以下のようにする事で、リアルタイムで年月日を表示させることも出来ます。

//1000=1秒
var timer = setInterval("show_time()",1000);
function show_time() {
var date = new Date() ;
now = date.getFullYear() + '年' + (date.getMonth()+1) + '月' + date.getDate() + '日' + date.getHours() + '時' + date.getMinutes() + '分' + date.getSeconds() + '秒'; document.getElementById('time_div').innerHTML = now ;
}

いろんな場面で使える、年月日や曜日を取得するjavascriptでした。

,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です